本来28日周期のターンオーバー(新陳代謝)が

2015-01-30

マスカラなどのアイメイクを落とす時にメイクをきれいに落としたくてゴシゴシこすって洗ってしまった場合、
目の周りの肌が傷ついたり腫れるなどの炎症を起こして色素沈着が起こり、
目のクマの一因となります。


本来28日周期のターンオーバー(新陳代謝)が滞ってしまうと、
様々なお肌の老化現象やトラブルが起こります。
老けて見られるシワ・目立つしみ・顔色の冴えないくすみ・隈・たるみ・嫌な吹き出物・突っ張るような乾燥など、
挙げたらキリがありません。


無意識にパソコンに見入っていて、
眉間にしわ、しかも口元は口角の下がったへの字(ちなみに私はシルエットがそっくりなので「富士山口」と言うこともあります)ではないですか?これはお肌の大敵です。


メイクの利点:容姿が美しくなる。
メイクも嗜みのひとつ。
実際の歳より大人っぽく見せたいという願いを叶えてくれる(ただし20代前半まで限定の話です)。
自分自身の印象を思い通りに変えられる。


肌の乾燥の誘因の一つである角質細胞間脂質と皮脂の量の低減は、
アトピー性皮膚炎患者のように先天性のものと、
エイジングやコスメなどによる後天的な要素に由来するものが存在します。


ドライスキンというものは、皮ふに含まれる角質層の細胞間脂質と皮脂の量が水準値よりも縮小することで、
皮膚から潤いが失われ、肌がパリパリに乾いてしまう症状を示しています。

メイクの悪いところ:

2015-01-29

「デトックス」という用語は聞き慣れてしまった感があるが、
これはあくまで健康法や代替医療だと考えており、
医師による治療行為とは異なることを自覚している人は意外にも少ないのだ。


湿疹や掻痒が特徴のアトピーとは「場所が不特定」という意味を持つ「アトポス」というギリシャ語に由来しており、
「何かしらの遺伝的な因子を持った人のみに発病する即時型アレルギーによる病気」を対象として名付けられた。


患者はそれぞれ一人一人お肌の性質は違いますし、
先天性のドライ肌なのか、生活習慣などによるドライスキンなのかによって治療方針が大きく違ってきますので、
想像以上に配慮を要します。


動かずに硬直した状況下では血行が滞ります。
最終的には、目の下等顔中の筋繊維の力が衰退してしまいます。
顔中の筋肉も十分にストレッチをして時折緊張をほぐしてあげることが必要です。


中でも就寝前の歯のお手入れは大事。
溜まっているくすみを取り除くため、
寝る前はちゃんと歯を磨くことをおすすめします。
ただ、歯磨きは何度も行えば良いというものではなく、
1回1回の質を向上することが大切なのです。


紫外線を浴びたことによって作られてしまったシミを薄くしようとするよりも、
シミができないようにあらかじめ予防したり、
お肌の奥に隠れているシミの種子を防御することの方が大事だということをご存知でしょうか。

お肌のターンオーバーが

2015-01-28

デトックスという言葉は浸透しているが、
あくまでこれは「健康法」や「代替医療」のひとつとして考えており、
医師による治療行為とは別物であると認めている人は思いのほか少ないのだ。


掻痒等が出るアトピー性皮膚炎の主因には、
1.口腔内や肺、腸内や表皮等における細菌叢(フローラ)、
2.遺伝的な原因、3.栄養面でのトラブル、4.環境面での要素、5.これ以外の要素の見解などが現在は主流となっている。


ドライスキンというのは、お肌に含まれる角質細胞間脂質(セラミド)と皮脂の量が通常の値よりも減退することで、
皮ふから潤いが失われ、角質層がカサカサに乾燥してしまう症状を指しています。


老けて見えるフェイスラインの弛みは不要な老廃物や脂肪が集合することで徐々に悪化します。
リンパ液の流動が遅れがちになると色々な老廃物が蓄積し、
むくみが発生したり、余った脂肪が付きやすくなり、弛みへと繋がります。


心臓から離れている下半身は、重力の関わりでリンパ液の循環が滞留することが普通である。
というよりも、下半身がむくむのはリンパ液が少しだけ滞っていますよという証の一種程度のものだと解釈するほうがよい。


この国の美容外科の経歴において、
美容外科が「紛れもなく真っ当な医療行為」だとの評価と地位を獲得するまでには、
想像以上に長い時間が必要だった。


美容とは、整髪や化粧、服飾などの手段によって容姿、容貌をより美しくするために形づくることを言う。
かつて江戸時代には化粧(けわい)と同じ意味で使われていたとのことだ。

患者個々人によって

2015-01-27

アイメイクを落とす時にメイクをよく落とすためにゴシゴシと強くこすって洗うのが習慣になってしまうと皮膚が荒れたり発赤等の炎症を起こして色素沈着し、
目のクマの元凶となります。


あなたは、果たして自分の内臓が元気で健康だと言えるだけの自信がどのくらいあるでしょうか?“痩せられない”“肌が荒れる”などの美容悩みにも、
意外なことに内臓の動きが関わっているのです!

なんとかしてキレイに見せたいという気持ちでマッサージしてしまう女性がいますが、
目の下の表皮は弱くて繊細なので、
ゴシゴシとこするように圧力を与える粗っぽいマッサージは悪影響をもたらします。


もともとお肌のターンオーバー(新陳代謝)は4週間毎のサイクルになっており、
何時も肌細胞が作られ、毎日毎日取り去られているのです。
こうした「日々の生まれ変わり」によって人の皮ふは若々しい状態を保ち続けています。


歯の美容ケアが肝要と捉えている女性は多くなっているが、
実生活に取り入れているという人はそんなに多くはない。
その理由でもっとも多いのが、「どうやってケアしたら効果的なのか分かりにくい」という思いらしい。


美容とは、化粧や結髪、服飾などを利用し容姿や容貌を更に美しく装うために形づくることを指す言葉。
もっぱら江戸時代には化粧(けわい)と一緒の意味を持つ言葉として使用されていたとのことだ。


身体に歪みが生じると、内臓同士が押し合うため、つられてそれ以外の臓器も引っ張られてしまい、
位置の異常、内臓の変形、血液や組織液の生成、ホルモンバランス等にもあまり思わしくない影響を及ぼすということです。


アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、
atopic dermatitis)を塗り薬の力だけで良くしようというのは無理があると言わざるを得ません。
習慣や楽しいことなどライフスタイル全体のルールまで視野を広げた処置が重要です。

大体は

2015-01-26

美白は2000年以前に化粧品会社創業者・鈴木その子の台頭とともに人気に火が付いたが、
もっと昔からメラニン増加が原因の黒ずみ対策に対し使われていたようだ。


皮膚の細胞分裂を活性化して、お肌を生まれ変わらせる成長ホルモンは昼間の勉強などの活動している際にはほぼ分泌されなくて、
夕飯を済ませて身体を休め落ち着いている状態で分泌されます。


深夜残業、飲み会、深夜に及ぶスポーツ中継・次の日のお弁当や朝食の準備…。
お肌に良くないとは分かっていても、
日常に置いては7時間もの睡眠時間を確保できない人が大半を占めると思われます。


頭皮の健康状態がおかしくなってしまう前に正しくお手入れをして、
健やかな頭皮を維持する方がよいでしょう。
状態がおかしくなってからケアし始めたとしても、
改善されるまでに時間がかかり、
加えて費用も手間もかかります。


スカルプは顔の肌につながっており、
おでこもスカルプに等しいものだと捉えることをあなたはご存知でしょうか。
加齢に従って頭皮が弛んでくると、
フェイスラインの弛みの原因となります。


夕方でもないのに普段さほど浮腫まない顔や手がパンパンにむくんだ、
よく眠っているのに脚のむくみが引かない、
などは何か病気が隠れている可能性があるので医師による迅速な処置を早く受けることが重要です。


白く輝かしい歯を保持するためには、
歯の表面だけでなく歯間も丁寧にブラッシングしてあげることを心がけましょう。
キメ細やかな泡と口当たりの優しいブラシを用いて、
じっくり丁寧なケアをすることが理想です。


美容目的で美容外科手術を受けることについて、
恥ずかしいという気持ちを持ってしまう方も結構多いので、
施術を受けた人たちの名誉及びプライバシーに損害を与えないような心配りが大切だ。

« Older Entries

Copyright© 2014 世界でいちばん面白い美容 All Rights Reserved.